2007年11月04日

カイゲン コレカットドリンク

コレステロールとは
コレステロール (cholesterol) またはコレステリン (cholesterin) はステロイドに分類され、その中でもステロールとよばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。分子式は C27H46O と表される。室温で単離された場合は白色ないしは微黄色の固体である。生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。

名称は1784年に研究者が胆石からコレステロールの固体を初めて同定した際、ギリシア語の chole- (胆汁)と stereos (固体)から名付けられた。加えて化学構造がアルコール体であるため、化学命名接尾辞 "-ol" が付けられる。

いわゆる「善玉/悪玉コレステロール」と呼ばれる物は、コレステロールが血管中を輸送される際のコレステロールとリポ蛋白がつくる複合体を示し、コレステロール分子自体をさすものではない。善玉と悪玉の違いは複合体をつくるリポ蛋白の違いであり、これにより血管内での振る舞いが変わることに由来する。これらのコレステロールを原料とする複合体分子が血液の状態を計る血液検査の指標となっている。

コレステロール分子自体は、動物細胞にとっては生体膜の構成物質であったり、さまざまな生命現象に関わる重要な化合物である。よって生体において、広く分布しており、主要な生体分子といえる。

また、液晶の原材料など工業原料としても利用される。

ヒトのあらゆる組織の細胞膜に見出される脂質である。ヒトを初めとした哺乳類においては、コレステロールの大部分は食事に由来するのではなく、体内で合成され、血漿に含まれるリポ蛋白と呼ばれる粒子を媒体として輸送される。コレステロールはそれを生産する臓器や細胞膜や小胞体のような膜組織が密集している細胞で構成される臓器、たとえば肝臓、脊髄、脳に高濃度に分布し、動脈硬化叢に形成されるアテローム(血管の内側に詰まるカスのようなもの)にも高濃度で存在する。また、コレステロールが胆汁中で結晶化すると胆石の原因となる。植物の細胞膜においてはわずかな量のコレステロールが認められるに過ぎず、他の種類のステロイドが同様の役目を担う。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

以上、コレステロールについての知識です。

ちなみに、食物由来のコレステロールは、ほとんどが動物性食品に由来するそうです。
中でも、卵黄には多量のコレステロールが含まれています。
卵って日頃の食卓に常用的に使用されてますよね。

お弁当に玉子焼きって定番ですし、朝食には目玉焼き!卵かけご飯など・・・。

コレステロールは、現代人が一番注意すべきモノなのかも知れません。

そんなコレステロールが気になる方におすすめのトクホ

カイゲン コレカットドリンクです。


なんと・・・1本で2つのトクホなんです。


1.「コレステロールが気になる方に」
2.「おなかの調子を整えたい方に」

以上の2点に効果があるトクホ商品なんですよ。

コレカットドリンクには、コレステロールの吸収をしにくくし、おなかの調子を整える作用を持つ水溶性食物繊維(低分子化アルギン酸ナトリウム)を配合しています。
コレステロールが高めの方・おなかの調子が気になる方に適しており食物繊維が不足しがちな現代人の食生活の改善に役立つ飲料です。



■自然の恵みアルギン酸ナトリウム。
●「海の食物繊維」アルギン酸ナトリウムを配合。
コレカットドリンクは、アルギン酸ナトリウムを配合した健康飲料で、余分なコレステロールの吸収をしにくくし、おなかの調子を整える働きがあります。

●その秘密は、昆布のヌメリにあり!
アルギン酸ナトリウムとは、昆布などの海藻からとれる食物繊維のことで、あの“トロー”っとしたヌメリ成分です。そのヌメリ、アルギン酸ナトリウムにすばらしい働きがあり、余分なコレステロールの吸収をしにくくし、さらに水溶性食物繊維独特の性質で、おなかの調子を整えます。

●カイゲン独自の製法特許!
しかしご存知の通り、普通に食べるにはかなりの粘性があり、たくさんの量をとることができません。しかも毎日となると大変なことです。そこでカイゲンでは、独自の製法で、高分子のアルギン酸ナトリウムの生理活性を残したまま、低分子化することに成功し、食品に配合しやすくしました。これを、「低分子化アルギン酸ナトリウム」と呼んでいます。

●乾燥昆布12枚分!
コレカットシリーズには、低分子化アルギン酸ナトリウムを
4g配合しており、これは昆布に換算すると、5cm角の乾燥昆布
12枚分に相当します。

●安心!厚生労働省許可の特定保健用食品
コレカットシリーズは、この働きが認められ、厚生労働省から
特定保健用食品として許可を受けています。


カイゲン コレカットドリンク





一本で2つの効果のトクホですよ!おすすめです!!


コレステロールが気になる人にはこちらもおすすめです。

コレステロールが気になる人に コレスケア ネオ
【関連する記事】
posted by トクホ!特定保健用食品情報局 at 22:46| コレステロールを気にしている方のトクホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

カルピス アミールS

高血圧とは、血圧が正常値を超えて高いまま維持されている状態です。あまり自覚症状がないといわれています。

虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症リスクが高くなるそうです。

収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態が高血圧であるとされています。

しかし近年研究が進み、血圧は高ければ高いだけ合併症のリスクが高まるといわれている為に、収縮期血圧で120未満が生体の血管にとって負担が少ない血圧レベルだと言われています。

高血圧の中には、仮面高血圧と言われるものも存在します。



高血圧の人におすすめするトクホは・・・

カルピス アミールSです。

「アミールS」を毎日継続的に飲用した結果、飲用前に比べ有意な血圧低下が認められました。飲用を中止すると血圧が徐々に戻っていきますので、毎日継続的な飲用をおすすめいたします。

人間の体内にはアンジオテンシンIIという、極めて強力な血圧を上げる体内物質があります。もともとアンジオテンシンIIはアンジオテンシンIが変換酵素(ACE)によって変換された物質です。天然由来の「カルピス酸乳」から生まれた「ラクトトリペプチド」はアンジオテンシンIをIIに変換させるACEの働きを阻害させる作用により、血圧の上昇を抑制します。

カルピス:アミールSのホームページより引用しました。


カルピス アミールS 120gX24本






血圧が気になる人のトクホには

ミツカン マインズ(毎飲酢)リンゴ酢ドリンク 100ml紙パック×18本入

posted by トクホ!特定保健用食品情報局 at 12:03| 血圧が高めの方のトクホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


このマークが表示してある食品は特定保健用食品です。
t-mark.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。